つまり, 水道, 生活/暮らし

ウォーターサーバーには様々な種類があります

ウォーターサーバーは種類が豊富になっており、カラフルなものも選択できるようになっています。赤ちゃんやペットがいる家庭でも安全に使用できるように、熱湯が出るレバーにチャイルドロックがかけられるものも登場しています。ウォーターサーバーを選択するときには、レンタルのものを選ぶことが一般的ですが、購入することも可能です。購入型を選択したときには、購入したメーカーの水のみを使用することになりますが、レンタルでは用意されていないようなインテリアとして設置できる種類のものが選べるメリットがあります。

購入型の場合には保証がしっかりしている種類のもの、メンテナンスの契約をしておくことで定期的にメーカーに洗浄してもらえるなど、アフターサービスが充実しているものがおすすめです。省エネや除菌機能が搭載されているウォーターサーバーも増えていますので、省エネ機能が付いていれば電気代を3分の1に節約できます。ウォーターサーバーを設置するときに気になる点としては、電気代としてかかる費用のことがあり、通常のサーバーであれば、1か月あたりにつき1000~1500円ほどの電気代がかかってしまいますが、省エネタイプのものであれば400~500円ほどの電気代しかかからない点が特徴です。毎日清潔な水を飲みたいときには、洗浄機能が備わっているものがおすすめとなります。

ボトルについてもメーカーが回収してくれるものを選択しておけば、無駄なゴミが発生しませんのでエコに繋げることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です