岡山, 水のトラブル, 生活/暮らし

ウォーターサーバーの価格以外の確認するべきポイント

家庭でウォーターサーバーを導入しようと思ったときには、様々なサーバーを取り扱っている会社の中から、どこのメーカーのものを選択したらよいのか比較することがおすすめです。ウォーターサーバーを提供しているメーカーとしては、業界最安値や使用料無料の言葉で宣伝をしているところが多いですが、価格だけを判断材料にしないほうが良いです。サーバーの購入料金やレンタル料金が安く設定されているときでも、別のことでコストが発生することも十分に考えられます。一定期間のボトルの数量が、最初から決まっているメーカーもあります。

使用した後のボトルについて、回収してくれるメーカーなのか自分で捨てる必要があるのかも確認しておくべきポイントになります。回収してもらえるメーカーが良いと思いがちですが、回収してもらうためには空のボトルを保管しておくためのスペースが必要です。長期間にわたってウォーターサーバーを使用するのであれば、空のボトルを置けるスペースが確保できるかどうかによって、回収してもらえるメーカーか自分でボトルを処分するメーカーにするべきか考えると良いでしょう。自分で処理するタイプのボトルは、折りたためるようになっていてゴミを少なくできます。

ボトルの付け替え作業や据え置き作業について、1本あたりのボトルが重くないほうが体への負担が減ります。用量としては12Lのものがありますが、この場合には自分で付け替えることが大変になりますので、女性の場合には7Lのものがおすすめです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です