トイレ, 水漏れ, 生活/暮らし

トイレの水漏れなどを修理する費用について

トイレの水漏れ修理を業者に依頼した場合、費用には部品代だけでなく作業料金が含まれます。なるべく自分で水漏れ修理を行った方が費用を抑えることができます。時間がない場合や自分で作業をするのが難しい場合はプロの業者に任せた方がよいでしょう。費用相場は作業内容によって異なります。

トイレの水漏れ修理の場合は調整作業などを行うことになりますが、4000円からが相場となっています。住宅の中でも特にトイレはトラブルが発生しやすい場所です。水が止まらなくなったり、逆に出なくなるなどのトラブルが発生しています。トイレの水が止まらない場合はや出なくなった場合は、タンク内の部品交換が必要です。

作業料金は前者の場合だと6000円から、後者の場合は8000円からが相場とされています。水漏れは主にパッキンやボールタップなど部品の老朽化が原因で発生します。異物が詰まっている場合にも、異常に圧力がかかって水が漏れることがあります。配水管や給水管から水が漏れている場合は、個人でも比較的簡単に修理を行うことができます。

バルブやナットが緩んでいるのであれば締めるだけです。パッキンが劣化している場合は、止水栓を閉じて水の流れを止めた上で新しいものと交換します。自分でバルブやナットを締めるだけであれば費用はかかりません。またパッキンを交換するだけで直る場合も、部品代のみが必要になります。

パッキンはホームセンターなどで1000円以下で購入することができます。岡山のトイレの水漏れのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です