水漏れ, 生活/暮らし, 蛇口

トイレの水漏れ修理は原因を特定することから

トイレの水漏れ修理は、簡単なものであれば自分で行うことも可能です。まずどこから漏れているのか確認しましょう。よくあるのが、便器の中の水が溜まっている部分にちょろちょろと漏れ続けているというものです。これはタンクの水栓がきちんと締まっていないのが原因であるため、タンクの中をチェックすることで直すことができます。

タンクを開けると、水を供給する部分と便器に水を流す部分とがあることに気づきます。それらのどちらかが水漏れを起こしている可能性があるので、適切に修理を行いトイレの機能を取り戻すようにしてください。水が漏れる原因としては、パッキンの劣化が挙げられます。ゴム製のパッキンで水が入るのを防いでいるのですが、ゴムが経年劣化しやすいため長く使い続けているとどうしても漏れてしまうのです。

これについてはホームセンターなどで購入した新しいパッキンに取り替えることで対処できます。もう一つは水を流すメカニズムのどこかに不具合があることです。いくつかのシャフトが組み合わさって水の流れを管理しているんですが、こちらも使い続けているとスムーズに動作しなくなり水栓の締まりが悪くなってしまいます。動きが悪くなっている部分を調整するか、メカニズムそのものを新しいものに交換するという方法も有効です。

しかしこれらの作業は素人に難しく、間違ったやり方ではかえって症状が悪化してしまう恐れもあります。できそうにない場合には、トイレ修理の専門会社に水漏れを直してもらうことをおすすめします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です