つまり, 水道, 生活/暮らし

トイレからの水漏れを発見して修理するなら

毎日家族の全員が使用するトイレは長年使用していると様々なトラブルが発生する事があり、中でも水漏れは給水管からの漏れを始め床やタンクがトラブルになる場合もありますし、温水洗浄便座から漏れるなどのパターンがありいずれも厄介です。中でも2回に設置してある場合は1階へまで漏水するリスクがあるので、もし水漏れを発見した時はまずは元栓を閉めて被害を最小限に抑える必要があります。元栓を閉めたらご自身で原因を探してみると給水管の場合は接合部のパッキンが老朽化していたり、タンク内の水位位置調整がずれているだけの事もあるのです。簡単に対処出来る場合はホームセンターなどで交換部品を購入すればご自身で修理出来ますが、原因が分からなかったり漏れの範囲や量が大きい時は早急にトイレ修理の専門会社に調査と修理を依頼すれば安心出来ます。

しかしこの修理専門の会社は全てが良心的な会社と言う訳ではなく、中には悪徳の会社もあるので注意が必要です。例えば連絡して調査してもらった所、便器全体を交換しないと直ぐに他の所から水漏れが発生するなどと言って、大掛かりなリフォームを提案してくる事もあります。また作業中に他の不具合を発見したなどと言い、追加料金を請求する事もあるので依頼する時は初めから1社だけに依頼するのではなく、他のトイレ修理会社にも連絡して調査してもらい見積もりの作成と調査結果を詳しく教えてもらう事です。同じトラブルを見てもらったのに2社の間で、作業内容な見積もりも全然違う事もあるので早急な対応が必要な事は分かっていても決して焦らずに優良な会社を見極める事が出来れば安心して任せられます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です