岡山, 生活/暮らし, 蛇口交換

トイレの水漏れ修理で悩んでいるのならば

トイレの水漏れは様々な箇所で発生します。配水管や給水管、タンクや床など水漏れが発生した箇所に対応した方法で修理をする必要があります。トイレの水漏れは自分で修理することも可能ですが、時間がなかったり技術的に難しい場合には修理業者に依頼するとよいでしょう。トイレの水が漏れる箇所で最も多いのは配水管や給水管の周辺です。

ゴムパッキンの劣化や接合部の緩みが原因で水が漏れます。修理方法は簡単なので素人でも作業をすることができます。接合部が緩んでいるだけであれば、バルブやナットを締めるだけで直せます。ゴムパッキンを交換するには、まず水の流れを止める必要があります。

壁とタンクを結ぶ配管には止水栓があり、マイナスドライバーで回すことができます。普段は水道から引かれてきた水が流れてきますが、止水栓を閉じると止まります。止水栓が固くてドライバーで回らない場合はウォーターポンププライヤーなどの工具を使用します。マイナスドライバー以外の工具を使う場合は、メッキを傷付けないように注意しましょう。

柔らかい布を当てながら作業をするとメッキに傷を付けずにすみます。止水栓を閉じたら水漏れしている箇所を分解します。下にバケツを用意したら、水が漏れていると考えられる箇所のバルブやナットを締めてください。バルブやナットが動く場合には、その箇所で水が漏れています。

次にバルブやナットを緩めて外し、新しいゴムパッキンを交換しましょう。その後はバルブやナットをしっかり締めてから止水栓を開きます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です